トリッカーの積載能力アップのためにフックポイントを増設

シェアする

-スポンサーリンク-

ヤマハのトリッカー(XG250)

ヤマハのトリッカー(XG250)は、スリムでコンパクトな車体ゆえに積載能力が低くキャンプツーリングには不向きといわれています。

確かに、オプション販売されているワイズギアのリアキャリアもセローのキャリアと比ればネコの額のように小さいです。

トリッカーのリアシート、リアキャリア

またシートの長さも短く幅も狭いのでセローをはじめとする同クラスのオフ車に比べると積載能力は劣るかも知れません。

そうはいっても、テント泊に必要なテントや寝袋、その他キャンプ道具ぐらいは楽勝に積めます。

少し工夫すれば釣具やウェーダーも上記の装備に加えて積載することができます(↓画像)。

トリッカーの積載能力
浜名湖にキャンプ&釣りに行ったときの装備)

正直、私自身はトリッカーの積載能力にそれほど不満は感じていません。

ただ、荷物をトリッカーに積載するうえで不便なのがロープやバンジーコードを引っ掛けるフックポイントが少ないこと。

フックポイントが少ない故に荷物をバイクに固定するのに必要以上に時間がかります。

そこで、今回はトリッカーにキャンプ道具をはじめとする荷物の積載能力をアップするためにフックポイントを増設してみました。

左側はアイボルトとステンレスリングで、右側にはU字ボルトとアイボルトを使用してフックポイントを増設しました。

リアキャリアを固定しているボルトをアイボルトに変更(左側)。

トリッカー左側に増設したフックポイント

サイレンサーのヒートガードにU字ボルトとアイボルトを増設(右側)。

トリッカー右側に増設したフックポイント

トリッカー右側に増設したフックポイント2

これで格段に荷物を積みやすくなる筈です。

トリッカーのパーツ一覧をチェック

トリッカー カスタムパーツ

ヤマハのマルチキャリアでトリッカーの積載能力アップ!

ヤマハ ワイズギアのマルチキャリアを使用すればトリッカーの積載能力が大幅にアップします。

トリッカーにパニアケース、トップケース、シートバッグを装着

サイドにGIVIのパニアケース、リアキャリアにトップケース、タンデムシートにシートバッグを搭載、容量にして約120Lが搭載できます。

【参考】ワイズギア マルチキャリアのレビュー

パニアケース、トップケース、シートバッグ 総積載量 

▼人気のバイク用品の一覧をチェック▼

バイク用品特集
パニアケース、サイドバッグをはじめとするバイク用品・ツーリング用アイテムが勢揃い
-スポンサーリンク-