ピコグリル398 ソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台に最適!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

Picogrill ピコグリル398を徹底レビュー

ピコグリル398 イメージ
出典:http://wanderlust-equipment.com/

ソロキャンプ・キャンプツーリング用の焚き火台としてピコグリル398を購入。購入動機から、ファーストインプレッション、実際のキャンプでの使用まで、ピコグリル398の機能性、使い心地、利点・欠点などをレビューします。

購入動機

キャンプでの焚き火台というとスノーピークやユニフレームの焚き火台が人気のようですが…、いずれも重量や収納サイズの点でバイクでのソロキャンプやキャンプツーリングでの使用には難点があります。

人気の焚き火台一覧
人気の焚き火台一覧をチェック

そこで、ソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台としてこれまでは、バーゴvargoのヘキサゴンウッドストーブかロゴスのピラミッドグリル コンパクトを使用してきました。

しかし、バーゴもピラミッドグリルも純粋に”焚き火を楽しむ”という点では不満を抱えていました。

バーゴとロゴスのピラミッドグリルでの焚き火

両者に共通する最大の欠点は、火床が小さいので、大きな蒔きを燃やすことができないということです。これは笑’sの焚き火グリル B-6君にも共通する欠点です。

軽量・コンパクトで火床の広い焚き火台はないかと探していたところ、YOUTUBEのALPHA TECさんの動画で”ピコグリル398″の存在を知り今回購入しました。

開封・ファーストインプレッション

ピコグリル398の収納バッグのサイズはほぼA4サイズです。

ピコグリル398 収納サイズ

【スペック詳細】

  • 重量:442g(スピット38gx2本、専用袋47g含む)
  • 素材:ステンレス鋼
  • 寸法:33.5 x 23.5 x 1.3 cm

早速開封してみます。

内容物はフレーム、火皿、スピットx2本、それと取扱説明書が1枚。

ピコグリル398のセット内容

組み立ては簡単10秒!

土台となるフレームを左右にひっぱり長方形にしたら、火床となる火皿を開き4箇所あるスリット(切り込み)をフレームに差し込むだけです。

ピコグリル398 組み立て

腕ぐらいの太さの蒔ならバトニング不要!そのまま燃やせます。
頑張れば丸太でも載せれそうです。

ピコグリル398に蒔きを載せる

付属のスピットを利用すれば、焚き火を利用して串焼きはもちろん、フライパン、スキレットを使った料理もできます。

1㎏以上ある重たいスキレットを載せてもこの安定感♪

ピコグリル398にスキレットを載せる

総評

実際に開封して組み立てただけですが、ピコグリル398の焚き火台としてののポテンシャルの高さに感動しています。

軽量、コンパクトに収納できて、組み立ては簡単、それでいて火床が広いので大きな蒔もガンガン燃やせる。

そのうえ、トライポッドや五徳なしで焚き火の上で料理までもできます。

ピコグリル398は、ソロキャンプ・キャンプツーリング用の焚き火台としては”最強”だというのがここまでの感想です。

実際に使用した感想

-準備中~comming soon-
準備中

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする