アウトドアでコーヒーを楽しむためのお薦めアイテム・道具【厳選】

シェアする

-スポンサーリンク-

アウトドアシーンで入れたての美味しいコーヒーを愉しもう!

アアウトドアでコーヒー キャンプ編

アウトドアでコーヒー 海編

山や海辺などのアウトドアで飲むコーヒーは最高に美味しいです。

ここで言うコーヒーは、もちろん缶コーヒーではなく熱々のお湯を注いで作る入れたてのコーヒーのことです。

キャンプで食べるカレーライスやラーツーで食べるインスタントラーメンが美味しいのと一緒ですね。

このページでは、キャンプ、ツーリング、トレッキング、登山などのアウトドアシーンで美味しくコーヒーを愉しむためのお薦めアイテム・道具を厳選して紹介します。

外コーヒーを手軽に愉しむためのミニマムパック

アウトドア コーヒーのアイテム・道具

アウトドアでコーヒーを愉しむスタイルは十人十色、人それぞれに自分のなりのこだわりやスタイルがあります。

コーヒー豆に携帯用コーヒーミルや、パーコレーター或いはドリッパーを用意して、現地でコーヒー豆をミルで挽いてコーヒーを煎れる人もいらっしゃいます。

しかし、最初からそこまで本格的な道具を揃えるのはハードルが高い。
それに、ツーリングやトレッキング、登山での装備は可能な限り軽量・コンパクトにする必要があります。

先ずは、アウトドアでコーヒーを手軽に楽しむことが重要です。

私がアウトドアでコーヒーを愉しむときに使用するミニマムパックともいえる必要最小限のアイテム・道具を紹介します。

コーヒー

ドリップコーヒー

レギュラーコーヒーでもインスタントコーヒーでも、普段家で飲んでいるコーヒーで十分ですす。ネスカフェのエクセラやAGFのブレンディでも外で飲むコーヒーは美味しいのです。

お薦めはドリップタイプのレギュラーコーヒーです。一杯分のコーヒーがフィルターとセットになっていてお湯を注ぐだけで手軽に美味しい本格コーヒーが愉しめます。

アルコールストーブ

外でお湯を沸かすためにはストーブが必要です。

アウトドアでの調理用ストーブとしてはガスストーブが主流ですが、私のお薦めはアルコールストーブです

外コーヒーにはアルコールストーブ

理由は簡単、アルコール燃料の炎の方がガスの炎よりも雰囲気があるからです。

外でコーヒーを飲むことは、非日常を愉しむことに他なりません。
ならば、家庭で見慣れた味気ないガスの炎ではなく、どうせなら化石燃料が燃える炎を見たいと思いませんか。

化石燃料ということであれば、ガソリンストーブという選択もありますが、扱いに慣れが必要なことと装備が重たくなるという欠点があります。

アウトドアで手軽に外コーヒーを愉しむという点では、コンパクトで扱いが簡単なアルコールストーブが一番です。

人気のアルコールストーブの一覧をチェック

アルコールストーブの一覧

五徳

アルコールストーブでお湯を沸かすとなるとケトルを火にかけるためにの五徳が必要です。

アルコールストーブ用の五徳としは、ヴァーゴのヘキサゴンウッドストーブがお薦めです。

ヴァーゴのウッドストーブをアルストの五徳として使用

本来は、枯れ木や蒔を燃やすためのネイチャーストーブですが、アルコールストーブの五徳としても使うことができます。

軽量・コンパクトで組み立ても簡単、風の強い日には風防としての役目も果たしてくれる優れモノです。

アルコール燃料を忘れた場合には、枯れ枝・枯葉を集めてウッドストーブとして使えるのも心強いです。

VARGOヘキサゴンストーブの在庫をチェック

ヴァーゴヘキサゴンウッドストーブの詳細

ケトル

コーヒーのお湯を沸かすためのケトル。ケトル

取っ手と注ぎ口のあるやかん形のものでもクッカーでもどちらでもいいです。

私の場合は、装備を最小限にとどめたいのでスノーピークの450チタンシングルマグをケトルとして使用しています。

スノピの450シングルマグをケトルとして使う

1~2人分のお湯を沸かすなら軽量・コンパクトなスノピの450マグは最適です。

スノピのマグカップ一覧をチェック

スノーピークのマグカップ一覧

マグカップ

熱々のコーヒーを飲むなら、絶対にシングルウォールではなくダブルウォールのマグカップがお薦めです。

アウトドアでコーヒーを楽しむならダブルウォールマグ

シングルウォールマグに沸騰したお湯入れると熱伝導率の低いチタンでさえ唇でマグに触れるのを躊躇するぐらいにマグが熱くなります。

熱々の煎れたてコーヒーをその場で愉しむならダブルウォールマグは必須です。

(参考記事:スノピの450マグに収納できるダブルウォールマグ

気に入った場所を即席カフェにするためのアイテム

お湯を沸かしてコーヒーを入れたら、外の景色を見ながら、くつろいだ姿勢で煎れ立てのコーヒーを楽しみたいものです。

アウトドアで美味しいコヒーを飲もう

outdoor_coffee2

椅子とテーブルがあれば、気に入った場所を自分だけの即席カフェにして煎れ立ての美味しいコーヒーを愉しむことができます。

即席のシーサイド カフェ
(釣りで訪れた堤防を即席のシーサイドカフェに)

折り畳みチェア

軽量・コンパクトな椅子ということになると、100均で買える「腰掛け」というのも選択肢の一つではあります。

しかし、どうせならもう少し座り心地のよいものが欲しいと言う人にお薦めなのがアウトドア用の折り畳み式コンパクトチェアです。

エーライトのメイフライチェア

私が普段使用しているのは、ALITEのメイフライチェアです。

座面が低いロースタイル・チェアでキャンプ用のミニテーブルとの相性も抜群です。

メイフライチェアの在庫をチェック

メイフライチェア 在庫

【参考】アウトドア向け折り畳みチェア紹介

ミニテーブル

各アウトドア用品メーカー・ブランドから様々テーブルが発売されています。

その中でダントツに人気なのがSOTOのフィールドホッパー!

ソトのフィールドホッパー詳細

SOTO ポップアップテーブルフィールドホッパーの詳細

私も使っています。ワンタッチで展開・折り畳めるので組み立や収納にストレスを感じることは一切ありません。

外コーヒー 上級者編~ 挽きたてコヒーを楽しみたい人へ

インスタントコーヒーではなくレギュラーコーヒー、それも挽きたてのコーヒーを外で飲みたいという本格志向の人は、携帯型のコヒーミルとドリッパー或いはパーコレーターを揃えてみてはいかがでしょうか。

▼アウトドアで挽きたてコヒーを愉しむためのアイテム▼

アウトドアでコヒーを煎れるための道具一覧

アウトドアでコヒーを煎れるためのアイテム一覧

ミルやドリッパーはじめパーコレーターなどいずれコンパクトで携行性に優れたもアウトドア用に設計された商品が多数揃っています。

-スポンサーリンク-