10月下旬フラデバ釣行◆野池でバス・ギル釣り

シェアする

-スポンサーリンク-

10月でもまだまだトップでバスを狙う・・・

10月下旬の某日、久しぶりにフライでバスを釣りにいつもの野池に行ってきました。

すでに、池のあちこちでターンオーバーが始まっているようです。

水深のあるところではトップで釣るのは難しいだろうということで、ポッパーでシャローエリアの絨毯爆撃を開始!

ポッパーでシャローエリアを絨毯爆撃

開始から15分程度で元気な小バスが水面を割ってポッパーに喰いついてくれました。

ポッパーに喰いつくバス

10月下旬、ターンオーバーの始まった野池でもシャローエリアなら、まだまだトップに反応してくれます。

その後も絨毯爆撃を続けますが・・・、暫くノーバートが続きます。

水面が波立つ程風が強くなってきたこともあり、ポッパー、ガーグラーといったトップウォーター系のフライは断念。

トップがダメなら新兵器投入でブルーギル爆釣

ラインシステムはそのまま、フローティングラインでフライのみをチェンジして水面下を探ります。

ティペットに先に結ぶのは今回はじめて試す新兵器です。

キャストしたら、そのままフォールさせます。

フォール中バイトがないければそのまま底をとって、フライラインのテンション一定に保つために超スローでリトリーブします。

マーカーも付けません。

フライラインに神経を集中させ、ラインから伝わる振動で魚のアタリをとります。

新兵器投入の一投目で早速ヒット!

新兵器をキャスト

プルプルと小刻みに震える振動、それでいてトルクのある引き・・・。

やっぱりブルーギルでした。

ブルーギルが釣れました

その後もブルーギルが連発。

またまたブルーギルです。

ほぼ、1投1匹で釣れます。

1投1匹でブルーギルが釣れます

フライラインのテンションを保って、ラインから伝わる魚の挙動を読み取ってフッキングします。

早合わせは禁物!

最初はモゾモゾとした動きから、ラインを軽く引っ張るような動きに・・・。

ここでもまだじっと我慢します。軽い綱引き状態からグッとラインが引きこまれたアワセを入れます。

ブルーギル連発

ブルーギルに交じって偶に子バスも釣れます。

8

新兵器で釣った小バス

結局、ブルーギルとバス合せて10匹以上釣ったところで竿収めとしました。

フライでバスを釣りたい人向けの書籍

フラデバ関連書籍

-スポンサーリンク-