渚園での釣りキャンプ 2016年11月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

浜名湖 渚園で釣り&キャンプ

2016年11月の某日、昨年に引き続き今年もまた浜名湖の渚園キャンプ場にバイクで釣りキャンプに行きました。

一泊2日に渡る渚園での釣りキャンプの模様をお伝えします。

昨年の釣りキャンプの模様はコチラ

渚園釣りキャンプの1日目

トリッカーにキャンプ・釣り道具を積載

キャンプ&釣り道具をトリッカーに積載。

【参考:トリッカーの積載能力をアップする

トップケースはキジマのk-max、シートバッグはタナックス モトフィズのミニフィールドシートバッグ、その上にテントとサーマレストのマットを積んで、タンクの上にはシュラフをバンジーネットで固定。

トップケースとシートバッグをタンデムで積んでいるためシートポジションがかなり窮屈です。

まぁ、目的地の浜名湖までの距離は約100㎞、下道で約2時間程度ですから何とかなるでしょう。

ということで出発!

国道23号のインター

国道23号を東へ!

浜名バイパス 潮見坂を通過

浜名バイパス潮見坂。道路の向こうは太平洋が広がっています。

浜名湖 渚園キャンプ場に到着

出発から約2時間、渚園に到着です。今回も一泊500円で貸切状態です。

キャンプ道具を降ろします

取りあえず荷物を全部降ろして・・・。

ダンロップのツーリングテントr226設営

空は晴れ渡っていますが、とにかく風が強い。

昨年程ではないですが、今年も強風に悩まされそうです。

テントは今年もダンロップのツーリングテントR226

渚園でキャンプ飯

テントの設営が完了したら、取りあえず昼食タイム。

アルストでお湯を沸かしてカップヌードルとおにぎりで昼食をササッと済ませます。

昼食を済ませ一服

質素な昼食ですが、外で食べる食事は理屈抜きに”うまい!”!!

渚園キャンプ場周辺の様子を偵察に

昼食を済ませたら、渚園周辺の様子をちょっと偵察に・・・。

あいにく風が強いので風裏になる新居弁天海水浴場まで足を延ばすことにしました。

数年前にセイゴとクロダイを爆釣した場所です。

新居弁天海水浴場で釣り

シーズンオフの新居弁天海水浴場、今日は日没までここで勝負することにします。

この日は風が強くて思うようにキャストできません。

新居弁天海水浴場でフライをキャスティング

沖では素潜りでチヌを捕まえている一団がいましたが、私のフライに全くアタリはなし。

日没まで3時間近くロッドを振り続けましたが、結局アタリの無いまま一日目を終えました。

渚園のキャンプサイトに戻ってから、イオンに買い出しに行いきます。

イオンから帰ってくることには既に辺りは真っ暗に。

相変わらず外は強風が吹いているので、今年もテントの前室内で火を起すことに。

渚園キャンプ テント前室での調理

ご飯を炊いて夕食の準備に掛かります。

キャンプ飯 浜松餃子

今年も昨年同様、夕食のメインは焼肉&は浜松餃子です。

缶ビールを3本ほど飲んだら疲労と眠気が襲ってきて9時過ぎには就寝。

キャンプツーリングに最適なキャンプ・アウトドア用品

▼軽量・コンパクト!キャンツーに適したキャンプ用品特集▼

あると便利なキャンツーアイテム一覧

キャンツー用品

渚園釣りキャンプの2日目

就寝が早かったこともあり午前3時頃に目が覚めます。

この頃には風がだいぶ収まったのでテントの外に出て夜明けまで焚き火をして時間を過ごすことに。

渚園キャンプ場で焚き火

焚き火をしていると再び睡魔に襲われ、結局2度寝して起きたのは午前9時過ぎです。

本当なら夜明け前には釣りの準備をして朝一で釣り場に出撃予定だったのですが・・・。

寝坊したことで一気にテンションが下がります・・。

渚園 釣りキャンプ 2日目の朝食

取りあえず、朝食兼昼食をとることに・・・。

渚園でのキャンプ飯 カップラーメン&おにぎり

釣りキャンプといっても毎度のことですが、釣りが””でキャンプは””いわば手段です。

食事に手間・暇かけるぐらいなら少しでも釣りに時間を割きたいというのがアングラーとしての習性!

そんなことで、この日の朝食兼昼食は昨日同様カップラーメンとおにぎり。

キャンプ場で食べる外飯は理屈抜きに美味い!

やっぱり、外で食べるご食事は理屈抜きに”美味い!”

渚園釣りキャンプ 食後の休憩

朝マズメの時間を逃してしまったなら、ジタバタしてもしょうがない。

開き直ってコーヒーを飲みながら暫しマッタリしてから釣りに出かけますか・・。

バイクに乗って村櫛のビーチや弁天島のビーチの様子を一応確認しに行って、結局キャンプ場に戻ってきました。

最終的にキャンプ場のスグ裏手の浜で竿を出すことに。

渚園の周辺の海で釣り

ウェーディングでラン&ガンしていると、前方にクロダイの群れを発見。

シュリンプ フライでクロダイを狙います。

クロダイをサイトで狙う場合、見えクロダイはフライの着水音にも敏感に反応して逃げてしまうことが多い。

ここは着水音が小さく、かつ実績のある小型のシュリンプを使用することに!

クロダイめがけてシュート!浜名湖

クロダイの一団めがけて、シュート!!

見事、群れの鼻先に落ちました。

一旦、底をとってからリトリーブを開始すると、群れの中でも一番大きいクロダイがフライに興味を示して近づいてきます。

フライをチェイスしてきたクロダイの様子を伺いながら絶妙のタイミングでポーズを入れると、狙い通りクロダイがシュリンプを咥えてくれました。

早合わせは厳禁!しっかりと、フライを咥え込んだところでフッキング!

フライにクロダイがヒット 浜名湖 

YES!!! 手ごたえ充分、#7ロッドが曲がります。

慎重にフライラインを手繰り寄せます。

このままフライラインを手繰り寄せるか、それともリールファイトに持ち込むか?

リールのドラグ機能を活かした方がベターとの判断でフライラインを巻きとり掛かったところ、ラインのテンションが一瞬緩んだタイミングで痛恨のフックオフ・・・・・・・・・・・・・。

言葉がありません。

クロダイ バラしました。

その後もクロダイの群れに2回ほど遭遇したのですが、いずれもフライの着水音で逃げられました。

午後2時頃まで粘りましたが後半は集中力が途切れてダラダラ状態に・・・。

結局この日の釣行も”NO FISH”で終わりました。

ドンマイ、ドンマイ・・・

別に魚が釣れなくてもいいですよ・・・。

僕は魚を釣りに来たのではなく、釣りという行為を愉しみに来たのだから・・。

フライフィッシングの大家である、今は亡きメル・クリーガー氏もこう言っています。

「フライフィッシングに魚はいらない」

解釈は人それぞれでしょうが…、2日に渡って釣りを満喫できたのだからそれでヨシとします。

渚園での釣りキャンプ撤収完了

撤収完了!

渚園キャンプ場をあとにします。

渚園のキャンプサイトをあとにします。

誰もいない渚園キャンプ場

そして誰もいなくなった・・・・。

浜名湖をあとに、家字に向かいます。

さようなら、浜名湖 渚園、また来年~!

おしまい。

今回使用したキャンプ用品紹介

今回の渚園での釣りキャンプで使用したキャンプ用品の中から特におススメのアイテムを厳選紹介!

浜名湖・渚園に関する記事一覧

-スポンサーリンク-

コメント

  1. flyder (フライダー) より:

    テスト