夏の渓流釣りの服装&装備を紹介 by flyder

シェアする

-スポンサーリンク-

真夏の渓流釣りに最適な服装&装備について

渓流釣りの服装・装備

夏の渓流釣りの服装や装備はどうしていますか?という質問え受けることが多々あります。

皆さんも自分の釣行スタイルに応じて服装・装備について工夫をされていることでしょう。

ここでは、私が最適だと思う夏の渓流釣りの服装・スタイル、装備を紹介します。

夏の渓流釣りの服装

梅雨が明け本格的な夏シーズンに突入すると透湿性ウェーダーでも汗びっしょりの状態になるので流石にウェーダーを履いての釣行は勘弁という人も多いでしょう。

夏の渓流釣り

ただ、夏とはいえ渓流の水はまだまだ冷たく長時間水に浸かっていると身体に変調をきたします。また、渓流釣行では膝や脛を保護することも重要です。

そこで、夏の渓流釣りを快適・安全に楽しむための服装を紹介します。

パターン1:短パン+タイツ+ゲイター

夏の渓流釣りの服装~その1

トップス~上半身

先ずは上半身(トップス)から簡単に紹介します。

帽子は軽量でUVカット効果のある素材を使ったSIMMSのツバ広帽子(ブリムハット)。

上半身に着用するのは半袖シャツ。ここ最近は、軽くて通気性が高く速乾性にも優れたユニクロのドライEXシャツがお気に入りです。

肌の露出を抑え日焼を防止するために腕にはモンベルのアームカーバーを着用。

ボトムス~下半身

夏の渓流釣りの服装 ボトムス1

下半身はまず、ベースにタイツを着用します。

私が使っているのは、釣り用のタイツとして定評の高いリトルプレゼンツのウエットボトムという製品です。

タイツの上には、速乾性素材のショートパンツを重ね、膝下には渓流釣り用ゲイターである、モンベルのネオプレン レッグガードを装着。

山岳渓流や岩場の多い渓では脛から膝を保護してくれるゲイター(スパッツ)は必須です。

保温性があるので渓流の冷たい水から脚の冷えを防いでくれます。

ウェーディングシューズはSIMMSのビムラムソールを愛用しています。

ウェーディングシューズの下にはネオプレーンソックス着用。

パターン2:速乾リバーパンツ+グラベルガード

夏の渓流釣りの服装~その2

トップス(上半身)は先に紹介したパターン1と同じです。

ボトムス~下半身

下半身は、速乾パンツ+ウェーディングシューズ+グラベルガードという組み合わせです。

速乾パンツは軽くて・強度と耐久性に優れたリトルプレゼンツのリバーパンツを愛用しています。

グラベルガードは、砂や砂利が靴の中に侵入するのを防ぐと同時に保温性があるので足元の冷えを防いでくれます。

先に紹介したパターン1よりもシンプルで脱着が用意なスタイルです。よりイージーなスタイルといっていいでしょう。

比較的流れが緩く水温の暖かい渓での釣行に適したスタイルになります。

夏の渓流釣りの装備

夏の渓流釣りに携行する装備について紹介します。

ベスト vs ショルダーバッグ、バックパック

渓流釣りの装備 ベスト バッグ類

タックル類、カメラ、レインウェアなどを収納するアイテムとしてはフライべスト、ショルダーバッグ、バックパック、ボディバッグなどがあります。

それぞれに、長所・短所があるので釣行目的・場所により使い分けていますが、最近はトレイルランニング用の小型のバックパックを使うことが多いです。

渓流釣りで使うバックパック

ベストやショルダーバッグ、ボディバッグに比べて容量が大きいので、弁当や雨具などをまとめて収納できます。

ショルダーハーネスに小型のポーチを括り付けてフライボックスなどを入れておけば素早くアクセスできます。

背面にはラインディングネットを吊り下げておきます。

ランヤード

自作ランヤード 

ラインクリッパー、フォーセップ、ティペット、ホイッスルなどの小物は自作のランヤードにぶら下げておきます。

その他の装備

comming soon!! ~ under construction.

▼渓流釣 ウェア&装備特集▼

人気の渓流用ウェア&装備をチェック

渓流用ウェア・装備の一覧

-スポンサーリンク-