勘八峡 越戸ダムでカヤックフィッシング~フラデバ釣行

シェアする

-スポンサーリンク-

カヤックフィッシング@勘八峡 越戸ダム 2017年5月

勘八峡 越戸ダムでカヤックフィッシング

5月下旬の某日、豊田市内を流れる矢作川の勘八峡 越戸ダムでカヤックフィッシングを楽しんできました。この日がフィッシングカヤックでのデビュー。

使用するタックルは、7ft10インチ#6のフライロッド、フライでバスを狙ういわゆるフラデバです。

約3時半の釣行の成果は・・・?

カヤックでのフラデバ デビュー

フィッシングカヤック準備完了

午前5時前に家を出て6時頃に矢作川勘八峡の越戸ダムに到着。

フィッシングカヤックを車から降ろし準備を整えてイザ出廷!

実は、シットオンカヤックに乗るのはこの日がはじめて、ぶっつけ本番でのデビューです。

水深が深いダム湖に入る前に、脇の水路で5分程度パドリングの練習をしてからダム湖に向かいます。

フィッシングカヤック出廷

本当は、万が一の転覆に備え、転覆時のシュミレーション、再乗船の練習をしとくべきなのでしょうが…。

先ずは、御船川の流れ込み辺りから攻めます。ここら辺は沈み岩なども多くバスが釣れそうな雰囲気はあるのですが、なかなか出ません。

勘八峡 越戸ダムでカヤックフィッシング

カヤックはフローターよりも移動スピードが速く機能性があるので目ぼしい場所を次から次へ移動しながらフライを撃ち込んでいくことができます。いわば水面上をランガンしていくような感じです。

フラデバ釣行@勘八峡 越戸ダム

ポイントを変えながら矢作川上流方面に向かってカヤックでのランガンを続けること3時間。

時折、バスに追われたベイトが水面をはね回るシーンは何度も目にしたのですが、結局ノーバイトで撃沈。

昨夜降った雨で増水して濁り入ったのが影響したのかもしれません。

『フライフィッシングに魚はいらない』
(by メル・クリーガー)

今回、はじめてのフィッシングカヤックでのフラデバ釣行でしたが、ライントラブルなども無く、カヤックの上からでも思った以上に快適にキャストできることが分かりました。

フローターで2時間以上浮いていると気分が悪くなったり、ストレスを感じることが多々あったのですが、カヤックでは快適そのもの、浮いているだけでも気持ちいい!

カヤックでのフラデバ、病みつきになりそうです。

▼人気のキャンプ・アウトドア用品▼

キャンプ・アウトドア用品の一覧

-スポンサーリンク-