HARDYのフライリール ZENITHゼニスの紹介

シェアする

-スポンサーリンク-

HARDY ZENITHスイッチロッドに最適なハーディーのクラシックリール

英国の老舗フライフィッシング用具ブランドのHARDYのフライリール ZENITHゼニスのスペックや特徴について紹介します。

HARDYのクラシックリール ZENITH

ハーディーのフライリール ゼニス ZENITH

“ZENITH”という言葉は、英語で天頂、頂点、絶頂という意味になります。

おそらく、1960年代~70年代の製造された、ライトウエイやプリンスをはじめとするHARDYのインスプール型リールの中でスプール幅が一番大きいことから、”ZENITH”という名が付けられたのではないかと推察できます。

HARDY ゼニスのスプール デザイン

ちなみにハーディーのライトウエイトシリーズには4つのモデルあり、スプールの小さい順にフライウェイト ⇒ フェザーウェイト ⇒ LRHライトウェイト⇒ プリンセスとなります。

今回紹介するゼニスは、ライトウェイトシリーズとは異なりますますが、インスプール構造でトリガーラッチ、ラチェット式ドラグの機構もライトウェイトと同じでかつベンチレーションホールを含めたスプールデザインも共通することからライトウェイトシリーズの兄弟モデルと言っても過言ではないと思います。

HARDY ZENITH ラチェットドラグ

ラチェット式のドラグ機構もライトウエイトシリーズとほぼ同じ。

HARDY ZENITHの特徴であるワイドスプール

ゼニスの最大の特徴は、ライトウェイトシリーズがいずれもナロー・スプールであるのに対して、幅広のワイドスプールとなっていることです。

スプールの外径は約86㎜でプリンセスよりも小ぶりですが、スプール幅が外径で39㎜(内径で30㎜)あるのでラインキャパシティはおそらくPrincessよりも大きい筈です。

ボディ全体のサイズ感は今日日のラージアーバーリールと近いものがあり、#5~#7ぐらいのスイッチロッドに最適なサイズです。

ハーディーのリール ゼニスのボディ刻印

ボディ背面には、

”The Zenith”
”Made by Hardy Bros Ltd England”

と刻印されています。

HARDY ZENITH 2スクリューラインガード

ラインガードは2スクリュータイプ。

ハーディーのリールケースとゼニス

ちなみにこのZENITHですが、ebayで”HARDY TENITH(テニス)”という誤ったモデル名で出品されていたものを偶々発見して格安価格で落札した物です。

1ドル90円の超円高のときにHARDYの当時物のオリジナルケース付で100ドル程度で落札できました。

米国からの送料を含めても1万2千円程度ですから当時でも激安の掘り出し物だったと覚えています。

HARDYのリール特集

ハーディーのリール一覧

HARDYのリールの在庫情報をチェック

ハーディ―の名品リール マーキス、マーキスサーモンをはじめとするビンテージの復刻モデルや最新のラージアーバーリールまでHARDYの各種リールが勢揃い。

-スポンサーリンク-