GIVI E21 サイドケースのサイズ感&容量【レビュー】

-スポンサーリンク-

GIVIのサイドケース E21のサイズ感・容量について

GIVI E21 サイドケース

GIVIのパニア・サイドケース シリーズの中では最小モデルになるE21、実際の使い心地はどうなのでしょうか?

小ぶりなサイドケースとして人気のGIVI E21の実際の使い心地を知りたい!という人のためにそのサイズ感や容量・収容能力についての使用感をレビューします。

スペック・カタログ値

先ずは、GIVI E21サイドケースのスペックを確認しましょう。

  • 外寸:425㎜(奥行き)×196㎜(幅)×348mm(高さ)
  • 最大積載量:5kg(1個)
  • 容量:21リットル

GIVIのサイド・パニアケースシリーズの中では兄弟モデルであるE22よりも小さい最小モデルになります。

※積載重量に関しては輸入代理店であるデイトナでは操縦性を考慮し2kg以下を推奨しています。

実際のサイズ感・容量・収容能力は?

サイズ感・バイクとのマッチング

まず、気になるのはバイクに取り付けたときのサイズ感ではないでしょうか。

車体に対して大きすぎることはないか、ちゃんと似合うのか?等々・・・。

【ヤマハのXT250にGIVI E21を装着】

givi e21 250cc オフロード車

250㏄クラスのオフロードバイクにもよく似合います。

【スズキ sv1000に装着】

大型ツアラーバイク givi e21

大型のスポーツツアラーにも違和感なくマッチ!小さすぎるということもないようです。

【BWM 旧Rシリーズに装着】

bmwとgivi e21

BMWの旧Rシリーズ 空冷ボクサーの直線的なデザインにもピッタリマッチします。

こうしてみてくると、GIVIのE21は250㏄クラスのトレールバイクから大型のスポーツツアラー、旧車に至るまであらゆるバイクに似合うという感じですね。

givi e21 サイズ・容量・収容能力の使用感

GIVIのサイドケースE21の実際のサイズ・容量の使用感をキャンプ道具などを入れて試してみました。

givi e21 収容能力をテスト

テントやタープをサイドケースの中に収納するということはあまりないと思いますが…、サイズ感・容量をイメージできるように敢えて入れてみました。

GIVI E21 キャンプ道具

先ずは、Luxe(ルクセ)ワンポールテント ミニ・ピークⅡを入れてみます。

givi e21 容量 使用感

長さがだいぶオーバーしていますが、押しこんでやればすんなり収納できます。

ミニ・ピークⅡの上に更にスノーピークのタープ ペンタシールドを容れてみました。

givi e21 容量 サイズ感

1~2人用のワンポールテントと小型タープを一緒に入れてもまだ余裕があるぐらいです。

今度はダンロップのツーリングテントR226を入れてみました。

givi e21にテントを収納

自立式のドーム型テントだとポールが邪魔して入りませんでした。

最後に、サーフ釣行で使用するウェーダーを入れてみました。

giviのサイドケース ウェーダー

こちらのブーツフットウェーダー、普段30㍑クラスのデイバッグに入れてもいっぱいいっぱいなのでE21サイドケースに収納できるか心配でしたが…。

この通り↓、ちゃんと収納できました。

GIVIのパニアケースにウェーダーを収納

私は、バイクに乗って釣りに行くことが多いので、これからのバイク釣行が益々楽しくなりそうです。(参考:バイクで釣りに行こう!

▼人気のバイク用品の一覧をチェック▼

バイク用品特集
パニアケース、サイドバッグをはじめとするバイク用品・ツーリング用アイテムが勢揃い
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする