里山デイキャンプ ダンロップR226・R227ツーリングテント

シェアする

-スポンサーリンク-

ダンロップR226・227テント 里山キャンプ

今回は、普段ツーリングキャンプのテントとして使用しているダンロップのR226のレビューを兼ねてTL125で里山キャンプに行った模様を紹介します。

数年前に購入したダンロップのツーリングテントR226、
現在は後継モデルのR227が販売されています。

収納サイズ:41×23×15cm、重量約2.2kg。

山岳用テントでも定評のあるダンロップテントだけに、
ツーリングテントの部類の中では、軽くてコンパクト、携行性の高さでは群を抜くテントです。

ダンロップR226 レビュー1

収納袋の作りや構造がバイクツーリングに適した作りになっているのが嬉しいです。

ダンロップR226 レビュー1

ダンロップR226 レビュー3

ロープ1本あればTL125のリアキャリアに固定できます。

今回はデイキャンプということで荷物も少ないので、
テント以外の装備はバックパックに入れ、背中にしょっていきます。
リアキャリアはR226が独占します。

ダンロップR226 レビュー4

今回はテントを縦向に積んでいることもありテントが大きく見えます。

ちなみに、宿泊を兼ねたキャンプに行く時はこんな具合↓に横方向にして積みます。

ダンロップR226 レビュー5

フロントアップで倒木を乗り越え!

TL125で里山デイキャンプ1

鬱蒼と木が生い茂る森の中の小路を抜け

TL125で里山デイキャンプ2

目的地に到着。

TL125で里山デイキャンプ3

早速、ダンロップR226テントの設営開始。

ダンロップR226 レビュー6

設営完了。
慣れればペグダウンも含めて10分程度で設営できます。

ダンロップR226 レビュー7

テントの設営サイズは、210×240×115cmです。

ダンロップR227のサイズ詳細

二人用テントですが、荷物をテントの中に入れて、大人1人が余裕を持って寝るのにちょうどいいサイズといったところです。

両サイドに入口と前室があるのがこのテントの特徴。

ダンロップのツーリングテントR227の詳細

入口部分のシートの赤色カラーが不評だったR226ですが、
現行のR227では単色カラーに変更されているのでご安心を。

人気のツーリングテント特集

ダンロップテント、モンベル、小川キャンパル、コールマンなどの本格モデルからキャプテンスタッグ、ノースイーグル、バンドッグ等の格安テントまで人気のツーリングテントが勢揃い!
人気のツーリングテント一覧

ダンロップR227の評判・レビューまとめ

ダンロップのツーリングテントR227の使い勝手が気になるという人のために、R227テントを購入した人によるレビューをまとめて紹介します。

本当に良くできてます!買って良かった!
派手さはないですが、質実剛健で基本がしっかりしていますね。細かな所まで良く考えられており、感心させられます。設営をより簡単に確実にできる工夫が満載で、ダンロップ製テントを初めて組んだ私でも、ものの5分もかからず、組み立てできました。撤収も簡単!本当に素晴らしい!買って良かった。

満足の1張り
風が強い日でも容易に設置でき、サブフレームのおかげでスペックを超える居住性を確保。たった1本のポールでこうも広さが変わるのか!と感心。更にポールもジュラルミンと奢っていて手抜かりなし。流行に左右されず質実剛健で長く付き合えそうです。

キャンプツーに!
初任者にやさしい構造。軽く小さくまとまるため収納は容易。

ツーリングテントおすすめランキングはコチラ

ツーリングテントおすすめランキング イメージ

-スポンサーリンク-