スノーピーク450チタンマグカップに収納できるダブルマグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

スノピのシングルマグ450にぴったり収納できるダブルマグ

シングルマグ450とダブルマグ

スノーピーク チタンシングルマグ 450の欠点

アウトドア用マグの定番として人気のスノーピーク450シングルチタンマグ、

シングルウォールであるためケトルがなくてもそのまま火にかけお湯を沸かしてコーヒーやスープ、味噌汁が飲めるという優れモノ。

ただ、その一方で熱い飲み物では飲み口が熱くなるという欠点があります。

また、シングルマグゆえに保温性が低いのも難点です。

それに、コヒー用マグとしてはいささか大きいのではないかとも感じています。

キャンツーや山歩きでのコーヒーブレイク時、炒れたてのアツアツのコーヒーを飲もうとしたときに、唇が熱くて飲めないとなんだが興ざめしてしまいます。

シングルマグ450と一緒に欲しいダブルウォールマグ

そこで、欲しくなるのがダブルウォールマグです。

ダブルウォールなら沸騰したお湯をいれても飲み口が熱くなることはありません。

それに保温力も、シングルマグに比べて格段に高いです。

ただし、壁内に空気が入っているため火にかけることはできません。

ならば、火にかけることができるスノピの450チタンマグをケトルにして、ダブルマグでコーヒーを作ればいいじゃんということになります。

そこで、候補に挙がるのが、同じスノーピークのチタンダブルマグ300、ややお値段高めですが、家で普段使いもできるので一生モノと思えばお安いものです。

チタンダブルマグ 300

が、しかし、スノピのダブルマグ300には値段以上に気になる問題点があります。

それは、スタッキング(パッキング)の問題

450シングルマグとの組合せで使うのだから、携行性を考慮すれば450マグにすっぽりと収まって欲しいものです、

カタログではチタンダブルマグ300の外径は76mm、カップの径だけみれば450マグの中に収納できそうですが、実際にショップで試してみたところ収まりませんでした。

カップの径にフォールディングハンドルの厚みが加わるので450マグの中に重ねて収めることはできません。

シングルマグ450とダブルマグ300を野外でコーヒーを楽しむためのセットと考えた場合、パッキングの問題はどうしても譲れません。

そこで、スノピの450シングルマグに収納できるダブルウォールマグを探して見つけたのがコチラの商品です。

ダブルウォールマグ

チタンではなくステンレス製ですが、重量は99gとスノピの300マグより軽いです。

シングルマグ450とダブルマグ

ハンドルもフォールディング式でアウトドアに最適な作り。サイズ的にコーヒーを飲むのにぴったりのサイズです。

シングルマグ450にぴったり収納

packing2

付属のメッシュ袋を被せて、スノピのシングルマグ450の中に入れると、とご覧のとおりぴったり収納できます。

ミニマムパッキングのコーヒーセット

スノピのシングルマグに蓋をしてメッシュ袋に入れてヴァーゴのヘキサゴンウッドストーブと合わせればミニマムパッキングで野外でのコーヒーを楽しむためのセットが完成します。

シングルマグとダブルマグでコーヒー

折り畳みチェアとサイドテーブルがあれば、気に入った場所を即席カフェにできる!

アウトドアでコーヒーを楽しむためのお薦めアイテム

アウトドア コーヒー

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする